記事の個別表示(修正可)
タイトル  ゼンリンとの契約
本文  
ゼンリンとの契約
 IT media NEWSには、『「Googleマップが劣化した」不満の声が相次ぐ ゼンリンとの契約解除で日本地図データを自社製に変更か』と題して、「Googleマップから林道、細い路地、バス停が消えた」「建造物の情報が古くなった」「道路の形や名称、地形がおかしい」──そんな報告が3月21日夜からネット上で相次いでいる。実際に日本国内の地図が以前から変わっている他、一部の道路が欠損していたり、建物が道路に重なって表示されたりする場所が多数存在している。とある。

 その理由は、Googleは、ゼンリンとの契約を終了し、航空写真から得られる情報を基にした自社の地図に切り替えた様だともある。ゼンリンから抜け出し、規格がGoogle仕様になる事で、精度は落ちるが、新たなサービスの付加も可能になった。そう言った変更なのだろう。次世代の移動運転には、地図の精度は、必要なのだろう。だが、自動運転車とのデータの交換が必要になる。その時、そうした要請に、センリンは答えられなかった、そう解釈した方が良さそうだ。

 Googleのこうした選択が、吉と出るのか、凶と出るのか、結論は、未来と言う事になる。日本の自動運転は、日本国内にあっては、ゼンリンを使わざるを得ない事情が有り、良く言われるガラパゴス化が、ここでも起きてしまうかも知れない。自動運転で、輸出車は、世界の規格で、日本向けは、日本のゼンリン規格でなんてことが起きるのかも知れない。そうした対応のコスト高が、グローバルな競争を阻害する。国交省、国土地理院、ゼンリンの中で、世界地理院とでも変わってくれれば良いと思うのだが、税金と沢山の人的しがらみも有り、無理なんでしょうかね。
...181182183184185186187188189190...